伝説の生命保険

人気記事ランキング

ホーム > 糖尿病 > 糖尿病からの脂肪肝の怖さとは?

糖尿病からの脂肪肝の怖さとは?

脂肪肝が恐れられている点は、心臓病である狭心症や心筋梗塞、脳梗塞といった血管系の疾病につながることがあるからです。

脂肪肝の一番の原因は、カロリーオーバーや運動不足などが考えられています。暴飲暴食などで中性脂肪やコレステロールが肝臓に溜まってしまいます。特に30代~40代の層に脂肪肝になる人が増えており、過去10年間で2倍以上の増加が確認されています。

糖尿病腎症になることで腎臓で尿を作る働きが低下し、人工透析を行わないと老廃物や不要物などを体外に自力で排出できないことで、寿命を短くしてしまいます。そのため、糖尿病腎症になってしまったら、月水金や火木土などの一日置きに医療機関へ行って人工透析を受けるという生活サイクルが続くことになるので、日常生活に大きな負担が生じることになります。

糖尿病による喉の渇きの症状を減らすためには、糖分の摂りすぎを控えることと、食後はウォーキングなどで軽く体を動かして早く摂取した糖分を体内から排出することで症状の改善がみられます。ですが、インスリンの注射や血糖値を下げる薬を飲んでいる場合には、低血糖になる可能性があるので、医師と確認をしてから運動を開始するようにしましょう。血液中の糖の濃度が高いとおしっこの量と回数が多くなります。

 

 

そのうえ普通は体内にとどまるはずの水分が排尿されていくため脱水状態になり口渇感が表れます。

さらにエネルギーを生み出す糖が使われないことによって食べても食べても痩せてしまったり絶えず空腹感が続いたり全身のだるさや体重が減少などの症状がでてきます。

下肢に起こる代表的な合併症は、血液の巡りが悪くなり、体の神経が鈍くなる糖尿病神経障害です。糖尿病神経障害になることで足に痺れ、違和感があったり、ほてり、ふくらはぎの痙攣などの症状が感じられるようになります。

 

 

 

また、足の感覚は鈍くなってしまうので、足の怪我をしやすくなったり、以前より足がつりやすくなります。

血糖値を調節するのにいい結果をもたらすのは食物繊維です。食物中の糖分は胃腸器官で消化吸収されて血液の中に入っていきますが、食物繊維が糖にまとわりついて吸収を引き延ばしたり、便に伴い糖を体外へ排出する援助する効果があるため、血糖値の上昇を抑えてくれます。治療法の一つに挙げられるインスリン注射は膵臓が傷ついたことで、きちんとインスリンが分泌されなくなり、外部から注入することで基準値で安定した血糖値を維持するためのものです。

 

 

 

ですが血糖が改善されると、膵臓がインスリンを作りやすくなり、注射の回数や量を減らしたり、のみ薬だけの治療も不可能ではありません。

 

そのまま手を打たないでいると症状を悪化させてしまい、目に合併症が起きる可能性もあります。

 

 

目の合併症で多く見られるのは糖尿病網膜症というもので、これといった症状が初期には現れず気付きにくいという点が特徴でもあります。とは言え症状が進行すると物が歪んで見えたり、視力が低下したり、黒い点が見えるなど、最悪の事態では失明をしてしまう危険があります。

初期の糖尿病は、自覚症状が殆どなく目立った症状は出ないのが特徴でもあります。大部分の人はストレスや仕事の疲れによるものと思ってしまい、糖尿病が原因だとはなかなか思い付きません。

 

そのため糖尿病の発見が遅れてしまい、合併症がどんどん進行して、状態が悪くなってから初めて気が付いたという事例も少なくありません。

 

食器のサイズを小さめに変えて料理を盛ると、量は少なめにしても満足感を得られやすくなります。

 

ところが、大きめのお皿に盛りつけると、食品の量を増やさないと満足できなくなるので意識して食器を選びましょう。食材を調理する際には、なるべく油の使用を控えましょう。オリゴ糖が血糖値や糖質制限の問題を解決する

 

 

 

グリルを使ったり、茹でたり、電子レンジで熱を通すようにしてみるのはいかがでしょうか。