伝説の生命保険

人気記事ランキング

ホーム > 糖尿病 > 食事制限のつらさを乗り越えるには

食事制限のつらさを乗り越えるには

単純に食べる量を減らすだけでいいという楽な解決法ではありません。1日の行動に見合ったエネルギー量は背格好や運動量によってによって人それぞれ異なります。そのため、まずは自分にとって最適なエネルギー量を考慮して計算し、一日の食事量が個人の最適なエネルギー量をを確認する必要があります。糖尿病腎症にかかると腎臓で尿を作る働きが低下し、人工透析を行わないと不要物や老廃物を体外に自力で排出できないことで、寿命を縮めてしまいます。ですから、糖尿病腎症になった場合は、だいたい隔日のペースで医療機関へ行って人工透析を受ける生活を続けるようになるので、大きな負担が日常生活に発生することになります。

外で食事をする場合糖質が多く含まれている麺類や丼ものなどは控え、さっぱりしている和定食から選ぶようにしましょう。

 

 

 

また、付き合いの席でアルコールを摂らざるをえない場合があるやもしれません。

そんな時には、糖質ゼロ、カロリーオフのものなどから選ぶようにし、飲み過ぎに気を付けましょう。インスリンが何度も多量に出ている状態は食の欲求が増し脂肪の吸収や合成を高め、その吸収を促したり、さらに脂肪細胞にたまった中性脂肪は分解しにくくなるなど、脂肪を強固に蓄積させます。

 

 

 

なぜかというと、一度インスリンが過剰になると、さらに過度な食欲や肥満が加速していき血糖値が下がりにくくなるという悪循環を繰り返します。食事などから摂取した脂肪は、小腸で脂肪酸に分解されると、肝臓まで運ばれます。ただ、糖分や脂質を摂りすぎて、肝臓に送られる脂肪酸が増加してしまうと、肝臓で脂肪酸から作られた中性脂肪が次第に肝臓に溜められてていきます。糖尿病 へのオリゴ糖の効果について

 

 

健康な肝臓の場合でも4%前後の脂肪を含んでいるのですが、脂肪が5%より多い場合では脂肪肝になります。ダイエットをしている時でも、肉や魚・大豆製品など低脂肪高タンパクを心がけた、必要な栄養がバランスよく含まれている食事を心がけましょう。また食物繊維がたっぷり含まれている野菜やキノコなどの食品には糖質の吸収を遅らせるなどの働きがあります。さらにショウガ・にんにく・とうがらしなどは新陳代謝を向上させ、一度はついてしまった脂肪の燃焼を増やします。若いころはよく動き、代謝もいいのでカロリーが高いものをよく食べていてもカロリーを使い切ることが出来ます。ところが味の好みは何歳になってもかわらない傾向にあり中年層になっても同じような好みで食事を続けていると、肥満に伴って糖尿病も併発することがあります。脂肪肝が恐ろしいとされているのは、心筋梗塞であったり狭心症といった心臓病、他にも脳梗塞などの血管系の疾患を招く可能性があるからです。

 

脂肪肝の原因といえるのは、運動不足であったりカロリーの摂りすぎになります。

 

カロリーを消費しきれない状態が続くと中性脂肪やコレステロールは肝臓に蓄積されます。特に30代~40代の層に脂肪肝になる人が増えており、過去10年間で2倍以上の増加が確認されています。