伝説の生命保険

人気記事ランキング

ホーム > 便秘 > 乳酸菌は便秘薬と相性がいい

乳酸菌は便秘薬と相性がいい

乳酸菌は整腸作用があるので、便秘薬との相性もピッタリです。便秘薬でたまった便を排出し、その後は乳酸菌の力で腸の働きを整えていけば、便秘を繰り返さないための予防効果の面でもバッチリですね。妊婦の便秘対策の青汁

 

乳酸菌の含まれる整腸剤が様々な薬品会社から販売されていますので、探してみましょう。

 

整腸剤には、便秘に良いものと下痢のときに良いものとでは配合されている成分が異なる場合があります。効能など説明書きをよく読んで選択しましょう。

 

軽い便秘でしたら、乳酸菌の含まれる整腸剤をしばらく飲み続けるだけでお腹の調子が良くなって改善に向かうかもしれません。

 

一方、重い症状でかなりの期間出ていないというような場合でしたら、大腸を刺激して便を排出するタイプの下剤(便秘薬)と整腸剤を併用するということが必要かもしれません。

 

乳酸菌の整腸剤は主に予防を目的とするものですから、腸の弱くなりがちな方は常日頃から飲み続けることをオススメします。

 

劇的な効果はないだけに副作用も少ないので、安心して続けられます。

 

代表的な乳酸菌の便秘薬(整腸剤)は以下の通りです。

 

・ガスピタン

小林製薬から発売されています。ビフィズス菌のラクトミンが配合されており、特にお腹のガスだまりやおならに悩む方に向けて製造されていますからガスを消したり抑える成分も含まれます。錠剤タイプです。

 

・新ビオフェルミンS

武田薬品工業から発売されています。ビフィズス菌のフェーカリス菌・アンドフィルス菌などが配合されています。軟便や便秘の方を対象としています。顆粒と錠剤の2つのタイプがあります。

 

・テスミンヤクルトBL整腸薬

佐藤製薬から発売されており、ビフィズス菌(ブレーベ菌)と乳酸菌(カゼイ菌)の2つの菌の組み合せで、腸内で広範囲にわたる整腸作用が特徴です。3ヶ月の乳児から使用できます。