伝説の生命保険

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > 子供の咳で考えられる病気の特徴

子供の咳で考えられる病気の特徴

子どもの咳で、まず考えられるのは普通感冒、いわゆる風邪症候群です。

 

鼻からウイルスが感染して、鼻みずや鼻づまりとなり、その後にせきが始まります。

これは子供だけでなく、成人した大人でもかかります。

 

それから、グループ症候群と呼ばれるものがあります。

特徴として犬が吠えるような咳をすることから、犬吠様咳嗽とも言われています。

またオットセイの鳴き声のような音に聞こえるときもあります。

これはのどの奥が炎症して呼吸困難を起こすものです。

 

そして急性気管支炎。

これは気管支に炎症が及んだ状態です。

特徴としては、せきの他、発熱があります。

 

さらに高熱が出て細菌感染も考えられます。

 

また、せきで有名なのは肺炎です。

これも年齢に関係なく襲ってくる病気です。

発熱、せき、多呼吸などがその主な症状になります。

どの年齢にも見られるのですが、子供の肺炎の原因は年齢によって多少の違いがあります。

 

子供のせきの病気では、あと百日咳というものもあります。

長引くせきがある病気です。

 

最近では少なくなってきたようですが、地域的にはまだ騒がれている場所もあります。発達障害サプリメントは効果ある?